ソーラー・インパルス2 ついに世界一周飛行達成

空は少し雲で覆われていたが、世界一周飛行を成し遂げ気分は爽快だ Keystone

スイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2がついに世界一周飛行を成し遂げた。太陽光エネルギーのみを燃料とする飛行機では世界初。飛行した距離は4万キロを超えた。

swissinfo.ch

48時間にわたる飛行の末、ソーラー・インパルス2は26日早朝4時(現地時間)、アラブ首長国連邦アブダビに到着した。

到着後、ベルトラン・ピカールさんがインタビューで達成の喜びを語った。

次のビデオでは、到着までの最後の数時間を追ったようすが映し出されている。

今回の世界一周飛行で、ソーラー・インパルス・プロジェクトは多くの記録を更新した。太陽光エネルギーのみを動力とした飛行機としては初めて、夜間飛行、大陸間飛行、太平洋横断飛行を達成。飛行時間、飛行距離でも新記録を打ち出した。また、これまでにパイロットが連続で117時間を超える単独飛行を行ったのは、操縦士のアンドレ・ボルシュベルクさんだけだ。

世界一周飛行を成し遂げるために向かった最終目的地のアブダビへは、もう1人のパイロットであるベルトラン・ピカールさんが操縦桿(かん)を握っていた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する