Navigation

欧州選手権スイス代表、12国籍が一つのチームに

国際色豊かなスイス代表チームを率いるブラディミル・ペトコビッチ監督はボスニア出身 Keystone

サッカーの欧州選手権(ユーロ)が10日、フランス・パリで開幕する。スイスは今回も、出場24カ国のうちで最も国際色豊かなチームとなっている。スイス代表23人中、外国のルーツを持たない人はわずか9人だ。

このコンテンツは 2016/06/10 13:30
Thomas Stephens & Kai Reusser, swissinfo.ch

前回2012年の欧州選手権では予選敗退したスイス代表他のサイトへだが、今年は本大会出場を果たした。ヨーロッパの大舞台でカメルーンやコートジボワール、コソボ生まれの選手たちが、スイス代表の赤と白のユニフォームを着てプレーする。

スイスとフランスの代表チームは、監督を含めるとそれぞれ15人が移民の背景を持つ。オンラインブックメーカー NetBet他のサイトへ のデータによれば、スイス代表は外国で生まれた選手の数でフランス代表の2倍だ。

swissinfo.ch

スイス代表の3分の1の選手は移民ではないが、もう3分の1は旧ユーゴスラビアの出身で、コソボ出身者だけでも4人。ちなみにコソボは今年5月3日に欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟しており、今後それがスイスサッカー界にどのような影響を与えるのかが注目される。

スイスにとって最初の試合となる11日(土)の対戦国はアルバニア。スイス代表のグラニト・ジャカ選手が、兄でアルバニア代表のタウラント・ジャカ選手と対決するという、珍しい試合になるかもしれない。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。