Navigation

スイスでベーシック・インカムの社会実験に想定上回る応募者

チューリヒ近郊のライナウは、ベーシックインカムのドキュメンタリー映画を撮影するにはうってつけの美しい村だ © KEYSTONE / CHRISTIAN BEUTLER

チューリッヒ近郊のライナウで、住民に無条件で一定額の現金を支給する「ベーシック・インカム」を試験的に導入する計画が実現に一歩近づいた。社会実験にたくさんの参加希望者が集まったためだ。

このコンテンツは 2018/09/18 09:00
SDA-Keystone/sm

アンドレアス・ジェニ村長は17日、スイス通信Keystone-SDAに約800人が応募したと明かした。不備がある申請を除いた後、正確な申請受理数を公表する。

社会実験には最低650人の参加を必要としていた。応募者が集まり、残る問題は300万~500万フランとされる資金を民間からどう募るか、だ。

≫ライナウのベーシック・インカム実験の詳細

参加者は、職業や収入・資産に関わらず月2500フランを1年間にわたり支給される。ただし2500フラン以上の収入がある人は、支給されたベーシック・インカムを返納しなければならない。

映画監督のレベッカ・パニアン氏は、このプロジェクトがスイス北部・ライン川沿いのこの村にどのような影響を与えるか、ドキュメンタリー映画を撮影する予定だ。



この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。