スイスの視点を10言語で

スイスで初の小児性愛セラピーセンター開設

Man covers head in court with file
小児性愛セラピーセンターの目的は、小児性愛者にカウンセリングを施し性犯罪を未然に防ぐことだ Keystone / Sascha Steinbach

チューリヒ州は4日、小児性愛者による性犯罪防止を目的としたスイス初の無料セラピーセンターを開設すると発表した。

チューリヒ大学病院の法医学・精神医学クリニックが同センターの設置を担当する。25万フラン(約3千万円)の資金援助を受け、まずは3年間、試験的に運営する。

同州の保険局長を務めるナタリー・リクリ氏はセンターの開設に関し「子供たちをしっかりと保護し、小児性愛の傾向を持つ人々が加害者になるのを防ぎたい」と述べた。

独語圏のスイス公共放送SRFによると外部リンク、スイス国内で小児性愛の傾向を持つ人は推定3万人で、その約半数はチューリヒ州の圏内にいるという。

同センターのプロジェクトは、15年前に開設した独ベルリンのセラピーセンターをモデルにしている。治療に参加した人が性犯罪の加害者になる割合を2%に抑える効果が期待できるという。

スイス政府は昨秋、各州に対し、小児性愛者の犯罪防止を目的とした取り組みの立案を求めた。チューリヒのセラピーセンターは民間と協力して、この問題に取り組むセラピストのネットワーク形成を目指す。

スイスの児童保護機関は昨年、小児性愛の問題を各州に任せるのではなく、より協調した国家戦略をとるべきだと訴えた。

同機関のレグラ・ベルンハルト・フグ報道官はSRFに対し「近隣諸国は協力体制を強化しているが、ここ(スイス)ではますます州に委ねられている」とし、「これは国際的な現象。国家的な戦略が必要だ」と語った。

スイスの有権者は2014年、子供への性的虐待で有罪判決を受けた人が再度、子供と関わる仕事に就くことを生涯禁止するイニシアチブを可決している。

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

家具のないアパートの1室

おすすめの記事

スイスでよくある賃貸住宅トラブルQ&A

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは賃貸物件に住む人は人口の約6割と多く、欧州でもトップクラスだ。賃貸物件でトラブルが起きたらどうすればいいのか?スイスの賃貸法上のルールを解説する。

もっと読む スイスでよくある賃貸住宅トラブルQ&A
生まれたての赤ちゃん

おすすめの記事

スイスの出生率1.33、過去最低を更新

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は20日、2023年の人口動態統計の確定値を発表し、2023年の合計特殊出生率は1. 33と、過去最低を更新したことがわかった。前年の1.39から最低水準を2年連続で更新した。

もっと読む スイスの出生率1.33、過去最低を更新

おすすめの記事

少年への有罪判決が増加 公務執行妨害・性犯罪など

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は18日、2023年に少年に対して下された有罪判決は2万3080件と、前年比11%増えたと発表した。特に15歳未満の犯罪は長期的に増加傾向にある。

もっと読む 少年への有罪判決が増加 公務執行妨害・性犯罪など
スーツを着た男性の顔写真

おすすめの記事

スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏

このコンテンツが公開されたのは、 世界中から100の代表団がスイスに集結した「ウクライナ平和サミット」。実行委員会トップとして参加国の招待や共同声明の草案作りを担ったスイス外務省のガブリエル・リュヒンガー氏が舞台裏を振り返った。

もっと読む スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏
マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部