ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスのカーニバル バーゼルのファスナハト、ユネスコ世界無形文化遺産に

スイス最大のカーニバル、バーゼルのファスナハトが7日、ユネスコ(国連科学文化教育機関)の無形文化遺産に登録された。スイスとしてはヴヴェイのワイン醸造フェスティバルに次ぐ2件目だ。

ユネスコ無形文化遺産に登録されたヴヴェイのワイン醸造フェスティバルを写真で見る

 ユネスコは同日韓国で世界遺産委員会を開き、ファスナハトのほかナポリの伝統的なピザ作りや、オランダの風車を使った仕事などを無形文化遺産に登録すると決めた。

 バーゼルのファスナハトには毎年20万人が訪れる。開始は2月または3月の、キリスト教の典礼「灰の水曜日」の次の月曜日と決まっている。その朝4時ちょうどに街中の明かりが消され、ピッコロや太鼓の音が鳴り響く「モルゲンシュトライヒ」が祭りの始まりを告げる。見物客は街に繰り出し、着飾った音楽隊や仮面を被った参加者、色々なテーマで装飾された山車が行き交うのを眺める。

 祭りは72時間にわたって繰り広げられ、地元の人々は「最高の3日間」と呼ぶ。音楽隊のほかに、「シュニッツェルベーング」と呼ばれるパフォーマーたちが街中をめぐり、著名人や有名な出来事を茶化した歌ったり詩を朗読する。例えば2017年のファスナハトでは、前夏にスイスでも流行した「ポケモンGo」をテーマにした歌が歌われた。

 ブラックユーモアは中世からファスナハトの一部だ。底流の人々が仮面を被って支配者たちを堂々と皮肉る格好の機会だった。ジョークやランタンは地域や世界の出来事を映す鏡でもある。

 ユネスコはホームページで、ファスナハトが「地域の結びつきに貢献し、社会風刺を通して寛容性を養い、また地域方言を守る一手段にもなっている」と認定理由を説明した。スイスは14年に無形文化遺産に8件を申請。16年にヴヴェイのワイン醸造フェスティバルが登録された。このほか、スイスには9件の文化遺産と3件の自然遺産がある。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。