Navigation

スイス、「働きたい国」8位 順位落とす

米ボストンコンサルティンググループによると、外国で働きたい人は世界的に減っている Keystone

スイスは外国人労働者を呼び込む魅力が少なくなっている。米コンサルティング会社ボストンコンサルティンググループが先月発表したグローバル人材に関する調査 「Decoding Global Talent」2018年版他のサイトへによると、スイスは「働きたい国」の8位にランクイン。14年の前回調査の5位から下がった。 

このコンテンツは 2018/08/23 11:00
swissinfo.ch with SDA-ATS;ug

調査によると、スイスが順位を落としたのはロシアや中国、米国、ドイツやイタリア国民の間で労働許可証を得るのが難しいと考えているためだ。

一方、スイスで既に働いている外国人労働者は、スイスの生活水準が依然として魅力的だと考えている。

スイス人は内向きに

スイス人は、外国で働くことにあまり関心を示していない。スイス外で仕事を探している人の割合は60%と、14年調査の77%から減少した。

外国で働く主な理由は「活躍の場を広げる」ことだ。スイス人回答者は米国、カナダ、ドイツが働くのに最も適していると答えた。

同調査は世界197カ国の36万6千人超の従業員と求職者を対象に調べた。

ボストンコンサルティンググループは、50カ国に90支社を持つアメリカの多国籍経営コンサルティング会社。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。