手紙の代わりに野菜を届ける郵便配達員たち

郵便配達員が届けるのは、手紙だけではない SRF-SWI

手紙のやり取りが減っている今、スイス郵便が新たなサービス開拓に乗り出した。食料品の配達や電気料金の集金など、内容は多岐に渡る。

このコンテンツは 2018/04/17 09:30

スイス郵便に勤務する郵便配達員は1万2千人。過去10年で約4500人の人員削減を行ったものの、郵便という公共サービスを運営する以上、最低限の人員は必要だ。スイス郵便の広報担当レア・ヴェルトハイマーさんは「10通だろうが1通だろうが、郵便受けに手紙を投函するのは一緒。固定コストは変わらない」と話す。業務内容の裾野を広げたのも、こうした理由からだという。

外部リンクへ移動

手紙の代わりに野菜を

ソロトゥルン州で18年間、郵便配達員をしているマルコ・ゾルターマンさんは、いつもの手紙の配達に加え、毎週金曜日の朝、担当エリアで野菜、果物、パン、卵の配達をしている。ゾルターマンさんは「農家が郵便局へ荷物を持ってきて、私たちが届ける」と話す。

古紙回収、電気料金の集金 

食料品の配達だけではない。ヴェルトハイマーさんは「グラウビュンデン州では古紙回収や、バーゼル地域、ティチーノ州同様、電気料金の集金もしている」と説明する。ソロトゥルン州グレンヒェンでは、配達員が余った食料品の回収を行っているという。

郵便配達員が届けるのは、手紙以外のものの方が多い Keystone

古株の配達員たちは新しいサービスに良い顔をしなかったが、ゾルターマンさんは「良い取り組みだと思うし、顧客にとっても良いことだと思う。配達量の減少をまかなえるし、フルタイム勤務の雇用も維持できる」と肯定的に捉えている。

欧州諸国も負けてはいない。フィンランドでは、配達員が自宅の庭を掃除する「芝刈り」サービスがある。フランスでは、申し込み制で、配達員が一人暮らしの高齢者の安否確認を行う見回りサービスを展開している。

外部リンクへ移動

(独語からの翻訳・宇田薫)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する