ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスの鉄道 スイス全国の駅 障害者平等法適応へ

Swiss train station

スイス中部ベルン州のコノルフィンゲン駅のプラットホームは、障害者平等法に対応するよう改装される

(Keystone)

2023年末までにスイス全土の約580カ所でスイス鉄道の駅が改装される。駅の設備を近代化し、障害者が容易にアクセスできるようにするのが目的。その費用は30億フラン(約3239億円)以上が見込まれ、23年以降も引き続き別の100カ所の駅が改装される。

これらの措置は、障害者平等法(スイス連邦憲法151条3項)他のサイトへの一環として実施される。連邦交通省、スイス連邦鉄道、および障害者のための統括組織が6日、発表した。

身体障害者や、高齢者、荷物の多い乗客、ベビーカーや松葉杖の使用者が自立して公共交通機関を利用できるためには、傾斜の緩いスロープ板が不可欠だとスイス連邦交通省は述べた。

≫スイスの新型列車についてもっと詳しく

スイスにある1800以上の鉄道駅と停留所のうち、現在、約4割が障害者平等法に準拠している。大半は大型の駅で、乗客の約6割が法律に準拠したスロープを使用できる。

予定された近代化により、23年末までに平等法に準拠する駅は7割以上に、スロープの利用率は8割以上に改善すると見られる。

改装の対象から外れた鉄道駅と停留所では、主に駅員が直接サポートし、対応するとした。

裁判所の判決 SBB新型車両 車椅子用スロープ設置はわずか一つ

スイスの連邦行政裁判所は、スイス連邦鉄道(SBB)の新しい二階建て車両「FV-Dosto」に車椅子用のスロープ板を少なくとも一つ設置するよう義務付けた。

このコンテンツは2018/11/23 13:22に配信されました


Keystone-SDA/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。