ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

多国籍企業 ネスレが中国に新たな研究開発拠点 アジア市場にテコ入れ

ネスレのロゴ

スイスに本社があるネスレ

(Keystone)

スイスの食品大手ネスレ他のサイトへは25日、中国・北京に研究開発センター、深圳(しんせん)にシステムテクノロジー・ハブをそれぞれ新たに開設したと発表した。

事業費は明らかにしていない。

北京の研究開発センターでは40人の専門家が、中国ほかアジア市場に特化した食品・飲料品の開発を行う。

システムテクノロジー・ハブは、スイス西部にある同社システムテクノロジーセンター(ヴォー州オルブ)を拡張したもの。同センターでは飲料製造システムの研究開発が行われている。深圳では、システム分野で中国のパートナー企業、サプライヤーと連携強化を図る。

スイス・ヴォ―州ヴヴェイに本社を置くネスレは最近のランキングで最も時価総額の高い欧州企業に輝いている。

外交 あれから20年~中国がスイスと絶交した日

中国の習近平国家主席が欧州を公式訪問し、自国の広域経済圏構想「一帯一路」を推し進めている。だがスイスには立ち寄らない。スイスと中国はすでに緊密な経済関係を結んでおり、その必要がないからだ。しかし、そんな友好関係が20年前に一度、破綻したことがあった。


Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。