Navigation

アルプスの事故死増加

昨年アルプスで事故死した人は115人で1998年に比べて8%増えた。スイスアルプスクラブ(SAC)の救助出動も前年比20%増となった。

このコンテンツは 2000/04/12 15:35

昨年アルプスで事故死した人は115人で1998年に比べて8%増えた。スイスアルプスクラブ(SAC)の救助出動も前年比20%増となった。

事故死者数の増加は、昨年7月のキャニオニング事故と冬のヴァリス州の雪崩の2大災害によるところが大きい。7月にインターラーケン近郊のサクセトバッハで起きたキャニオニング事故では、外国人観光客ら21人が死亡した。また、ヴァリス州エヴォレンの雪崩は12人の犠牲者を出した。

また、SACとパートナー組織が救助した総数は1300人だったが、スカイ・ダイビング等エア・スポーツも計算に入れれば約1500人にのぼる。

救出活動の増加は、冬の豪雪による一連の雪崩のためだ。が、救出チームはマウンテンバイキング、ハイキング、きのこ狩りなどの事故のためにも出動している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。