ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

カンヌ国際映画祭 パルムドールのトロフィーはどうやって作られている?

8日に開幕した仏カンヌ国際映画祭。最高賞「パルムドール」のトロフィーは、スイス・ジュネーブの工房で作られている。大きなクリスタルの塊とイエローゴールドから、8人の腕利きの職人が美しいトロフィーに仕上げる。

パルムドールは、ヤシの木の枝がモチーフ。クリスタルの台座に、金を施したヤシの枝が輝く。スイスの時計宝飾ブランド、ショパール他のサイトへが過去21年間、制作を手がけてきた。パルムドールの授賞式は19日に行われる。

デザインは長い年月をかけ培われてきたもの。青いワックスで出来たヤシの木の枝が、鋳型におさめられる。かまどで一晩熱を加えてワックスを溶かすと、中が空洞になった型が出来る。

今年のパルムドールは重さ118グラム。18カラットのイエローゴールドが使われている。液体状の金属を鋳型に流し込み、冷たい水に沈めて表面の鋳型を取り除くと、金のパルムドールが姿を現す。その後、きれいに磨き上げて完成。同時受賞に備え、パルムドールは2つ用意される。

2018年のカンヌ国際映画祭

映画祭にはスイス勢の出品も。パルムドールを競うコンペティション部門には、スイス・イタリア合作の「Lazzaro Felice(原題)」(アリーチェ・ロルヴァケル監督)のほか、スイス・フランスのジャン・リュック・ゴダール監督による最新作「Le Livre d’Image (原題)」が出品されている。

平行して開催される批評家週間では、アニヤ・コフメル監督のアニメ初監督作品「Chris the Swiss(原題)」、フルーリン・ギガー監督の2作目となる短編「Schächer(原題)」が上映される。

また特別上映プログラムでは、ドイツのヴィム・ヴェンダース監督の「Pope Francis: A Man of His Word(原題)」でスイス・ルガーノの制作会社セレステス・イメージ他のサイトへが、中国のワン・ビン監督が手がけた8時間の長編作品「死靈魂(原題)」でジュネーブの制作会社ADOK Films他のサイトへが、それぞれ共同プロデュースした。

また、スイスのウルスラ・メイヤー監督がカメラドール(新人監督賞)の審査委員長を務める。

(英語からの翻訳・宇田薫)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。