Navigation

コロナで不満蓄積か スイス東部で若者と警察が衝突

ザンクト・ガレン市のマリア・パッパ市長は今回の暴力的行為は「ほんの一握り」の若者によるものだと話した Keystone / Michel Canonica

スイス東部ザンクト・ガレンで若者の集団と警察が衝突する事件が相次いでいる。国内の政党青年部は、新型コロナウイルスによる若者への心理的負担が深刻だとして、連邦政府に対応を求める請願書を出した。

このコンテンツは 2021/04/06 14:06
Keystone-SDA/dos

スイス公共放送(SRF、独語)の報道によると2日午後9時頃、ザンクト・ガレンの中心部で若者グループの一部が警察に瓶や爆竹を投げつけて攻撃。同10時半頃には駅周辺で若者が警察に火炎瓶などを投げつけた。警察はゴム弾や催涙ガスで応戦した。

一連の事件で若者2人が負傷し、21人が一時身柄を拘束された。現場周辺は自転車や建築資材が道路に投げ込まれるなど騒然となった。

ザンクト・ガレンでは1週間前にも、警察が200人の違法パーティを摘発した際に若者と衝突、警察官1人が負傷する事件があったばかり。

今回の事件では1週間前から、ソーシャルメディアで暴力行為を予告する投稿があり、警察が厳戒態勢を敷いていた。

ザンクト・ガレン市のマリア・パッパ市長は翌3日の会見で、このような暴力は断固容認しないと強調した。

この暴動で一部のショップやレストランが被害を受けた。警察によると、3日正午までに7件の被害報告があり、被害総額は約5万フラン(約590万円)に上った。

スイスでは新型コロナウイルス変異株の感染拡大を受け、1月からセミロックダウンを実施。現在は一部緩和されたが、屋外での集まりは15人に制限され、レストランやカフェは閉鎖が続いている。大規模な政治デモは自治体の許可があった場合のみ実施できる。

コロナへの不満

今回の事件は新型コロナウイルスの制限措置に反対するため組織されたものではない。だが多くのメディアが事件とコロナを結び付け、若者の社会的・文化的接触の欠如が関係していると報じた。

青年心理学者のフェリックス・ホフ氏は独語圏の日刊紙NZZに、青少年の心身発達に必要な要素が感染対策に反映されない限り、このような事件は増加すると述べた。

一方、政府は先月1日の緩和第1弾で、スポーツ・文化活動の人数制限を除外する年齢を16歳未満から20歳未満に引き上げるなど、若者の心理的負担軽減策を講じている。

若者へのサポート

ザンクト・ガレンの事件を受け、国内の5つの政党青年部は5日、危機管理に若者の意見をもっと反映させるよう連邦内閣に求める公開書簡を出した。公開書簡は超党派の青年部が署名。政府との連携を求めている。

外部リンクへ移動

書簡では、緩和措置が若者を差別するようなものであってはならないと主張。精神的な問題を抱える若者への十分なサポートのほか、大学などでの対面授業の再開を求めた。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。