Navigation

スイスの小説、ハリウッドで映画化決定

スイスで最も有名な小説家、フリードリッヒ・ドュレマットの作品がハリウッドで映画化が決定。ジャック・ニコルソン主演。

このコンテンツは 2000/02/03 17:18

スイスで最も有名な小説家、フリードリッヒ・ドュレマットの作品がハリウッドで映画化が決定。ジャック・ニコルソン主演。

ドュレマットの「約束」は、スイス人刑事マッチが殺人事件を追うという、推理小説。アメリカの俳優、ショーン・ペンの監督で4月からカナダのモントリオールで撮影が開始される。

この小説は、1958年にも”Es geschah am hellichten Tag”(白昼の事件)のタイトルで映画化された。

ドュレマットは、1921年ベルン近郊のコノルフィンゲンで生まれた。”Besuch der alten Dame”(訪問者)が、イングリッド・バーグマン、アンソニー・クイン主演で映画化され、世界的に有名になる。1990年にヌーシャテルで没するまで、数々の賞を受賞、また5つの名誉博士号を授けられた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。