Navigation

スイス国立銀行利上げせず

下げ止まらぬユーロ安に歯止めをかけるため、欧州中央銀行(ECB)は最重要政策金利を3.5%から25ポイント引き上げ3.75%にしたが、スイス国立銀行は利上げをしないと発表した。

このコンテンツは 2000/04/29 16:22

下げ止まらぬユーロ安に歯止めをかけるため、欧州中央銀行(ECB)は最重要政策金利を3.5%から25ポイント引き上げ3.75%にしたが、スイス国立銀行は利上げをしないと発表した。

スイス国立銀行(SNB)はロンドン銀行間取引金利を2. 5%から3.5%に留めることを決めた。SNBは先月、ECBからの独立性を誇示する思惑もあって、ECBに先立って金融政策を引き締めた。が、スイスフランの対ドル最安値の更新は続き、1ドル=1.7175スイスフランを記録した。

スイスの経済アナリストらは、強い米経済とEU加盟国の経済的な構造改革にかける意志の疑わしさがユーロ下落の主要因だと分析している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。