Navigation

スイス、レバノンの国連平和維持軍に参加か

イスラエルを訪問中のルス・ドレイフュス内務相は、スイスは、レバノンの国連平和維持活動に参加する用意があると語った。

このコンテンツは 2000/05/27 16:18

イスラエルを訪問中のルス・ドレイフュス内務相は、スイスは、レバノンの国連平和維持活動に参加する用意があると語った。

ドレイフュス内相は、援助物資の配給と、レバノン南部からのイスラエル軍撤退のオブザーバーとしてのみなら、スイス軍は国連平和維持活動に参加できると、エルサレムで語った。国連は現地にいる平和維持軍を増援し、イスラエル軍が撤退した後のレバノン南部に展開する計画だ。

またドレイフュス内相は、スイスは早期のパレスチナ当局との関係強化を希望するとし、地域の安定と平和に責任を負う全ての国と、外交関係を保ちたいと述べた。また、パレスチナ当局の権限は限られていると認め、スイスの支援を約束したとし「スイスは、パレスチナ当局が、この場所に恒久の構造を築くことを支援したい。」と語った。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。