Navigation

チューリッヒ、グラウビュンデンと2010年冬期五輪合同招致へ

チューリッヒは、グラウビュンデン州と共同で2010年冬期五輪招致運動に乗り出すと発表した。

このコンテンツは 2000/10/05 11:13

チューリッヒは、グラウビュンデン州と共同で2010年冬期五輪招致運動に乗り出すと発表した。

先月ベルン州とモントルーが五輪共同招致案を発表、開催地に立候補した。チューリッヒは3月、2010年冬期五輪の共同開催パートナーを探している旨を示唆していたが、4日市議会はグラウビュンデンに財政支援をすると発表した。が、チューリッヒ、グラウビュンデン両住民の五輪招致合意を決める住民投票がまだ行われていないので、現時点では財政支援は立候補当初にのみ限定され、招致申請手続きに必要な90、000スイスフランをチューリッヒ市議会が負担する。また、チューリッヒ州も財政支援を確約した。

チューリッヒ・グラウビュンデンは、多様なスポーツ・イベントに必要なインフラがすでに整っている点で他の候補地より優位だとしている。一方、ベルン・モントルー側は、スイスの主要言語地域にあること(注・ベルン独語、モントルー仏語に対し、グラウビュンデン州は国民の1%が話すロマンシュ語)、モントルー・ジャズフェスティバルで世界に名が通っていることの2要素を強調している。

スイス・オリンピック委員会は、2001年1月に両候補地のいずれか1つに決定する。国際オリンピック委員会(IOC、ローザンヌ)が、2010年冬期五輪開催地を発表するのは、2003年。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?