ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ブラジル 奴隷がスイス人のために労働を強いられた村 ヘルヴェチア

スイスの国号を持つ、ブラジル北東部バイーア州にある小さな村「ヘルヴェチア」には、奴隷制の名残がある。約2百年前にこのヘルヴェチア村の大農園を経営していたのは、スイス人のヨハン・マルティン・フラッハさんだ。彼の大農園でも、奴隷が労働を強いられていたという歴史が今も残る。

ブラジル皇帝ドン・ペドロ1世の皇后、マリア・レオポルディーネと交流があったフラッハさんが経営していた大農場は、植民地としてレオポルディーネが所有していた土地のなかでも最大の農場に数えられた。

1850年にブラジルで奴隷制が廃止された当時、フラッハさんの大農園は国のコーヒー豆の生産量の大部分を担っていた。コーヒー産業が輸出の4割を占めていたブラジルは、世界で最も大きいコーヒー生産国の一つに数えられた。しかし、これも奴隷の労働なしには成し遂げられなかっただろう。19世紀前半では150万人ものアフリカ出身の人々が、ブラジルで奴隷として労働を強いられていた。 

今日、ヘルヴェチア村にはドイツ人を祖先とする3家族と、スイス人を祖先とする1家族が暮らしているが、村民の8割以上がアフリカ出身。ヘルヴェチア村では長い間ヨーロッパ文化とアフリカ文化が衝突してきた。奴隷の過去は、今日までヘルヴェチア村に長い影を落としている。

(写真・Dom Smaz他のサイトへ 独語からの翻訳・説田英香)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。