ヴォー州、「恥T」の着用強制を禁止

ジュネーブで9月30日、「恥のTシャツ」に抗議する女子生徒たち。1人はフランス語で「私は適切な服装をしています」とプリントされたTシャツを着ている Keystone

スイス西部・ヴォー州で、「不適切な服装」をしていた生徒に学校がぶかぶかのTシャツ着用を強制することが禁止された。生徒たちが「恥ティー」と呼んで強く抗議したためだ。

このコンテンツは 2020/10/07 12:26
Keystone-SDA/ts

ヴォー州教育・青年省は5日、「不適切な服装」で登校した生徒に対し学校側が特大Tシャツの着用を強制する慣行を禁止すると発表。州内のいくつかの学校でこうした慣行があり、「女生徒は汚名を着せられていると捉えている」(セスラ・アマレール局長)とした。

事の発端は隣のジュネーブ州での出来事だ。ある公立中学校で9月末、へその出るクロップトップシャツを着て登校した12人の女生徒(12~15歳)が、「適切な服装をしています!」とプリントされ膝まで覆う特大のTシャツを着るよう強制された。従わなければ重大な校則違反として自宅謹慎となり、成績に影響する可能性があった。

この措置に対し、女生徒らは「女子だけが服装を指導されるのは差別だ」として、校舎前でデモを行った。生徒らの親やフェミニスト団体の代表など約50人が参加した。生徒らは強制されたTシャツを「t-shirt de la honte(恥のTシャツ)」と呼んだ。

これを機に、周辺のヴォー州やヴァレー州でも同じような慣行があると明らかになり、激しい議論が起きた。

スイスで制服の着用義務があるのは一部の私立学校に限られる。ただし公立学校の多くには一定のドレスコード(服装規定)がある。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する