不況を回避?ジュネーブの高級時計

アジア市場での高級時計の好調な売り上げで、ジュネーブの高級品市場は世界恐慌を乗り越えられるかもしれない Keystone

スイスの時計製造業者が健闘しているおかげで、ジュネーブの高級品産業は不況による大打撃を受けずに済みそうだ。

クレディ・スイスの調べによると、スイス製の最高級時計の需要はアジア市場で非常に高く、伸び悩むそのほかの高級品の売り上げをカバーするほどだという。しかし、ジュネーブの高級品市場のうち、美術品、宝飾品、5つ星ホテルは世界経済危機のあおりを受けそうだ。

手堅いアジア市場

ジュネーブ州の全輸出産業の約6割を高級品産業が占め、同産業への就業率は金融業と国際機関に次ぐ7%だ。

「クレディ・スイス ( Credit Suisse ) 」の資産調査部長ラルス・カルプライアー氏によると、1個3000フラン ( 約24万円 ) 以上する高級時計がアジアで好調な売れ行きを見せているため、時計産業の短期的見通しは今のところまだ明るいという。
「( アジアでの需要が ) 欧米諸国での需要の後退を埋め合わせしている」
と、今回のレポート「高級品産業:現状と見通し」を発表した際に、カルプライアー氏はコメントした。2007年のスイス製時計の売り上げの約44%をアジア市場が占め、日本以外のアジア諸国の経済成長は今後2、3年は続くものと予想されている。

チクタク

今回のクレディ・スイスによるレポートは、世界の高級品市場の一層の冷え込みを予測する声が聞かれる中で発表された。10月初旬、コンサルティング会社「ベイン・アンド・カンパニー ( Bain & Co. ) 」は、ここ10年間堅調な伸びを見せてきた高級品の売り上げは第4四半期には落ち込み、来年は7%のマイナスを記録すると予測した。

さらに11月始めには、スイスの時計製造会社「ウブロ ( Hublot ) 」が、2008年の売り上げは伸びてはいるものの、2009年は厳しい年になるだろうとコメントし、ブランド時計「カルティエ ( Cartier ) 」の販売元「リシュモン ( Richemont ) 」も、不透明な先行きに警戒色を強めた。

一方、世界最大の時計製造会社「スウォッチ・グループ ( Swatch Group ) 」は景気後退にも関わらず、2009年も全カテゴリーでの売り上げ成長を見込み、楽観的だ。
「現在のところ、高級ラインだけでなく、それ以外のラインも含む全カテゴリーでの売り上げの伸びを当社は期待している」
と、会長のニコラス・G・ハイエック氏は日刊紙「ラジェフィ ( L'Agefi ) 」に語った。

また、スイス時計協会が発表した最新の数字によると、最高級時計の売り上げは2009年も伸びるという。しかし、2008年の10%、2007年の16%と比べると、2009年の成長率は5%に限定される。

キラキラ

時計業界はまだ華やかに見える方だが、美術品や宝飾品には暗い影が忍び寄っている。
「現代アートに比べて経済状況にあまり左右されないクラシックアートや宝飾品を主に扱ってきたジュネーブの美術品市場だったが、最近では、大きな国際オークションでのクラシックアートと宝飾品の人気は落ちてきている。 ジュネーブも同様の状況になるだろう」
と、カルプライアー氏は美術品市場の厳しい先行きを予測する。

11月中旬にジュネーブで開かれる高級宝飾、時計、ワインのオークションでは、金融危機が続く中での富裕層の実際の消費傾向を確認することができる。また、現代宝飾品の場合、売り上げの5割をアメリカ市場が占めるため、同国経済の低迷で大きな打撃を被ることになるだろう。


10月には、最高級のダイヤモンド原石が経済危機の犠牲になった。専門家の話によると、取引がほぼ停止状態になったという。多額の負債を抱えるダイアモンド市場では、世界経済の混乱が始まる前には、大衆市場向けの小ぶりのダイアモンドの価格が下落した一方で、高級品の価格は高騰していた。
「具体的な数字にはできないが、専門家は2009年の宝飾品市場の悪化を予測している」
とカルプライアー氏は言う。

お客様、チェックインですか?

危機感を募らせているもう1つの部門は、高級ホテル業界だ。インフラ整備と資金投入、宿泊客の増加、対ユーロにおけるスイスフラン安に支えられ、ここ3年間急成長を見せていた高級ホテルだが、今後、ジュネーブの5つ星ホテルは厳しい状況を強いられそうだ。

高級ホテル業界は、特に中東からの宿泊客や、現在は出張を控えているビジネスマンに頼ってきた。さらに、現在の対ユーロでのスイスフラン高の影響もかなり受けるだろう。
「ヨーロッパのほかの地域と同様、ジュネーブの高級ホテルは7%の業績下降を記録するとみられ、過去にもあった1990年と2000年の状況と似ている」
と、カルプライアー氏は分析する。しかし、世界金融危機がひと段落すれば、新興産業国における消費の伸びと発展途上国の経済成長に支えられ、ジュネーブの高級品市場は再び回復するだろう。

swissinfo、 サイモン・ブラッドレー 中村友紀 ( なかむら ゆき ) 訳

高級品市場

過去10年間以上にわたり堅調な伸びをみせていた高級品市場だが、10月に「ベイン・アンド・カンパニー ( Bain & Co. ) 」が発表した調査結果によると、2009年は3%から7%までの落ち込みが予想され、売上額に換算すると1630億ユーロ ( 約19兆8500億円 ) から1700億ユーロ ( 約20兆円 ) までのマイナスが見込まれるという。

世界最大の高級品市場はヨーロッパで、2008年は約670億ユーロ ( 約8兆円 ) を
占める。また、国別で見た場合はアメリカが最大のマーケットで、2008年は約550億ユーロ ( 約6兆7000億円 ) に当たる。

End of insertion

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する