Navigation

Skiplink navigation

スイス通信相 中国による企業買いあさりに懸念

中国企業は農薬シンジェンタをはじめ、数多くのスイス企業大手を買収した Keystone

ドリス・ロイトハルト通信相は、スイス紙とのインタビューで、中国企業がスイスの「戦略的に敏感な」企業を買収する可能性について懸念を表明した。

このコンテンツは 2018/08/14 12:00
SDA-ATS/jdp

アールガウ州の日刊紙アールガウアー・ツァイトゥングに13日付けで掲載されたインタビュー記事で、ロイトハルト氏は「ドイツが行ったように、我々も中国企業による企業買いあさりの対応策を議論しなければならない」と明かした。

ロイトハルト氏は、スイスは相互主義に基づき、スイス企業も中国で条件なしの企業買収が認められる場合は、中国に同様の許可を与えるべきだとしている。現在、スイス企業は中国で、中国企業との合弁事業のみが許可されている。スイスと中国の企業が平等に交渉することが重要だと主張する。

なぜ中国はスイスの企業を買収するのか?

また、スイスにとって戦略的に重要な企業の場合は、スイス競争委員会はそれぞれのケースを検討し、また所有権の大部分をスイスが所有すべきとの考えを示した。

スパイの危険性

欧州でモバイルネットワークの構築を進めている中国企業について、ロイトハルト氏はスパイの危険性への懸念は認識していると発言。デジタル時代に完全な安全性はないとしながらも、「否定的な報告はない」と述べた。消費者は無警戒であってはならず、データを保護するための予防措置を取る必要がある。

ロイトハルト氏によると、中国のデジタル経済は非常に革新的であり、国は研究開発に多額の投資をしている。「中国が偽造の世界チャンピオンと見なされる時代は終わった」

ここ数年、スイスで中国企業による合併買収が数多く行われ、注目を浴びた。2016年には中国化工集団(ChemChina)が農薬大手シンジェンタを433億ドル(436億スイスフラン)で買収している。

現在、ロイトハルト氏は中国南部のテクノロジー企業を訪問している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する