ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

人々の通信を支えた技術 スイスの公衆電話ボックスの歴史

電話ボックスー。それはカップルが密かにデートした場所、人々がタバコの煙の厚い雲の中で何時間も会話した場所、ホームレスの人々が雨をしのいだ場所、あるいは子供たちがいたずらをした場所だった。 

しかし、この時代は終わりに近づいている。 通信大手スイスコムは公共サービスとして電話ボックスを運営する法的義務がなくなり、国内で電話ボックスの撤去が進んだ。

1995年のピーク時には5万8千個を数えた公衆電話。携帯電話の普及により、世代交代が進んだ。

公衆電話は現在5900個が稼働しているが、段階的に廃止されている。かつてのノスタルジーに浸りたい人は、約3000フランで電話ボックスが買える。

 


Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。