Navigation

仏人絵画泥棒、絵画239点窃盗を自白

ルツェルンのフィッシャー・ギャラリーから盗まれたJohann Hamzaの作品. www.fischerauktionen.ch

美術品窃盗容疑で逮捕されていたフランス人ステファン・ブライトヴィーサー(31)は、6年間でスイス16州を含む欧州6ヶ国の美術館やアートギャラリーから合計239点の絵画を盗んだことを認めた。

このコンテンツは 2002/05/23 07:28

ブライトヴィーサーは昨年11月、仏当局の国際手配によりスイス・ルツェルンで逮捕された。ブライトヴィーサーは予算不足で警備が甘い小規模の美術館やアートギャラリーを専門に狙い、Antonie Watteau、Peter Bruegel、Fracois Boucherなど17世紀から18世紀の絵画を中心に窃盗を繰返した。仏語州スイスでブライトヴィーサーの犯行現場となった美術館およびアートギャラリーは、Sarraz城、Alexis Forel美術館、エーグル城、フリブール芸術歴史博物館、グリュイエール城など。

仏ストラスブールではブライトヴィーサーの母親ミレール・ブライトヴィーサーと、アンネ=カテリーヌ・クラインカウスが共犯容疑で逮捕された。クラインカウス容疑者は犯行時、見張り役を務めた疑い。また、ミレールは、逮捕を前に、アルザス東部の自宅近くのRhone du Rhin運河に盗んだ絵画の何点かを廃棄し、また何点かを破壊した容疑。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。