ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

傑作揃いの印象派展 ビュールレ・コレクション、ローザンヌで展示 来日も決定

ローザンヌ郊外の高台に立つエルミタージュ財団の美術館で他のサイトへ現在、印象派・後期印象派を中心としたビュールレ・コレクション展が開催されている。

同美術館では初となった本展示会では、チューリヒの大事業家で武器商人のエミール・ゲオルグ・ビュールレ(1890~1956年)が収集したゴッホ、セザンヌ、モネ、ドガ、シスレー、ピカソ、モディリアーニなどの印象派・後期印象派の傑作54作品を見ることができる。

ビュールレは生涯をかけ、絵画を中心とした計633点もの芸術作品を収集した。彼がこの世を去った後、遺族が1960年にビュールレ財団を設立、203点の絵画・彫刻作品を一般公開した。公開されていない430点の作品は、現在も遺族が所有している。

これら54作品は、2018年に来日が決定。2月の国立新美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション他のサイトへ」を皮切りに、九州および名古屋を巡回予定。また財団の全コレクションは、20年の完成を目途に現在進められている拡張計画が終り次第、チューリヒ美術館への移管が決定している。

(英語からの翻訳・大野瑠衣子)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。