ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

去るものは日々にうとし 放射性廃棄物が最終処分場へ行く前に

スイスでは、原発運営会社が放射性廃棄物を安全に処理する責任を負っている。政府は約10万m3の廃棄物を地下深層の最終処分場に保存したいという考えだ。だがその前に、これらの廃棄物はアールガウ州ヴュレンリンゲン(Würenlingen)にあるツヴィラク(ZWILAG)などの中間貯蔵施設に運ばれる。

放射性廃棄物は、最終的に地下に持っていけるようになるまで30年から40年の間、中間貯蔵施設で保管し、十分に冷やす。
中・低レベルの放射性廃棄物は、地中の最終処分場が稼働を開始するまで、このような施設で保管される。
最終処分の準備は特別な施設で行われる。スイスで生じる放射性廃棄物はすべて加工され、ツヴィラクおよびその近くにある連邦所有の施設で一時保管される。
大半は、工業廃棄物、原発で使用した燃料、浄化後の放射性廃棄物、医療や工業、研究の各分野から出る放射性廃棄物だ。
処分にかかる費用は原発運営会社の負担となっているが、消費者が支払う電気料金の中に組み込まれている。

(写真:Geatan Bally, Keystone)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。