ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

命の水 きれいなスイスの地下水 だが楽観視は禁物

lake

豊かな水にあふれる中央スイスのフィアヴァルトシュテッテ湖(ルツェルン湖)

(© KEYSTONE / URS FLUEELER)

スイスの水道水やその大部分をまかなう地下水は、良質できれいな状態が保たれている。しかし連邦環境省環境局は今後の汚染を懸念している。 

連邦環境省環境局が行った最近の調査他のサイトへによると、スイスの世帯の水道水の8割は地下水(下層の湧き水や井戸)から取水されている。ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)が明らかにした。 

こういった水の大部分はきれいだが、地下水井戸の設備が十分に保護されていないと同局は懸念している。 

報告書では、インフラや住宅の開発が進む地域では、建物による排水汚染や道路でのガソリン浸出のリスクを無視すべきではないとしている。 

バーゼルラント準州で地下水の管理を行う水文学の専門家アドリアン・アウケンターラーさんは、地下水が汲み上げられる地域と工業地区がますます接近していると言う。 

「これまでにない新しい状況だ」とアウンケンターラーさんは言う。 「スイスは欧州の中で堀に守られた城のような存在で、資源も無限にあるようなイメージがあるが、実は人口密度の高い国であることを忘れてはいけない」 

そして将来的に問題が発生するのを防ぐには、貯水池の増設や飲料水の処理に重点を置くなど、地下水の分野で今から対策を講じる必要があるとした。 

しかしそれには多額のコストが伴うため、何十年も先の飲料水の質を確保するため国が今、どれだけ投資する意欲があるかが問題だ。連邦議会はこの問題について来月中にも議論する予定だ。

SRF/dos

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。