ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

在外スイス人 故郷へ戻る

外国からやっと戻ってきたというのに、故郷スイスではあまり歓迎されない。そんな光景が50年前のスイスでは珍しくなかった。メディア企業リンギエー(Ringier)所蔵の写真が当時の様子を伝える。

第二次世界大戦中、無一文の在外スイス人のための宿営地が開設された。国内の雇用状況が厳しかったため、再びスイスに戻ってきた人に仕事を与えるためだ。衛生面を考慮して、スイスにやって来る人を隔離する場所も設けられていた。スイスに新しく来た人は、ここに最長3週間収容された。

1916年に設立された在外スイス人協会(ASO/OSE)には、現在では70万人以上いる在外スイス人の声を代表する団体となっている。

これらの写真は現在、アールガウ州文書館で保管されている。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。