ジュネーブにWHO財団設立

The new foundation will complement WHO funding and not replace contributions made by UN member states. Keystone / Martial Trezzini

世界保健機関(WHO)は27日、世界的な健康課題に対応するため、民間から資金を調達する独立した助成事業「WHO財団」を立ち上げた。

このコンテンツは 2020/05/28 16:30
Keystone-SDA/ac

WHO財団は、WHOが掲げる「3つの10億」という目標達成を支援する。この目標では、2023年までに健康上の緊急事態から10億人を保護し、すべての人が基礎的な保健医療サービスを負担可能な費用で受けられるユニバーサル・ヘルス・カバレッジへ(UHC)のアクセスを10億人に拡張し、また10億人が健康的な生活を送れるようにする。

WHO財団は、民間セクターや慈善家などWHOが通常は対象としない主体から資金を集め、今後3~4年間で10億ドル(約1100億円)をWHOの取り組みに寄付することを目的とする。

スイス連邦保健庁のトーマス・ゼルトナー元所長が創立者で、理事長を務める。

「本日の発表は、数え切れないほどの個人やパートナー組織が2年以上に渡って準備と努力を重ねてきた集大成。この信じられないような冒険の先頭に立ち、財団を設立してくれたトーマス・ゼルトナー教授に感謝したい」とWHOのテドロス事務局長は述べた。

ゼルトナー氏によると、財団が集めた寄付金の最大8割はWHO事務局に、残りの8割はパートナー企業に直接送金される予定。事務局長は間もなく任命される見込み。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する