Navigation

全豪オープン、フェデラー宿敵ナダルを破り優勝

全豪オープンテニス男子シングルス決勝が29日、オーストラリア・メルボルンで行われ、ロジャー・フェデラーがスペインのラファエル・ナダルをフルセットで制し、5年ぶりの4大大会優勝を果たした。フェデラーにとって全豪オープンは7年ぶり5度目の優勝で、4大大会は歴代最多優勝数を更新する18度目の制覇。トロフィーを受け取った後、控え室に戻る前に妻のミルカさんと喜びを分かち合う姿も見られた。写真は試合後、トロフィーを掲げ報道陣の前に立つフェデラー。今回フェデラーは第4回戦で日本の錦織圭を下し、勝ち上がっている。 Keystone

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。