スイスの視点を10言語で

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性
2024年の欧州国別対抗音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」で優勝したスイス代表Nemoの舞台 KEYSTONE/Copyright 2024 The Associated Press. All rights reserved.

欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデンのマルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。スイス代表の優勝は36年ぶり3回目。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

ラッパーで歌手のNemoは、ドラムンベース、オペラ、ラップ、ロックを織り交ぜた楽曲「The Code」で、性自認を男女の枠に当てはめない「ノンバイナリー」としての自分を受け入れるまでの道のりを歌い上げた。

※SWI swissinfo.chでは配信した記事を定期的にメールでお届けするニュースレターを発行しています。政治・経済・文化などの分野別や、「今週のトップ記事」のまとめなど、ご関心に応じてご購読いただけます。登録(無料)はこちらから。 

スイスは合計591ポイントを獲得し、2位のクロアチアの547ポイントを上回った。ウクライナは3位、イスラエルは5位だった。

Nemoは受賞後、「この大会が、平和とすべての人の尊厳の力になり続けることを願っている」と語った。

Nemoは大会後の記者会見で、「スイスのような国にとって、ノンバイナリーを取り入れた曲を披露することは、並大抵のことではない」と語った。またスイスには依然として、性別を区別しない三人称代名詞が公式には存在しないと指摘し、政治におけるノンバイナリーコミュニティの代表性を高めるよう呼びかけた。

おすすめの記事
ステージ上でマイクを持って踊る黒いTシャツとズボンを身に着けた男性

おすすめの記事

セリーヌ・ディオンもスイス代表に 欧州歌合戦「ユーロヴィジョン」の歴代アーティスト

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト2024」のスイス代表に、ラッパーのNemo(24)が選ばれた。スイスは36年ぶりの優勝を果たすことができるだろうか。期待を胸に、輝かしい歴代の中でも特に大きな印象を残したスイス代表を振り返る。 

もっと読む セリーヌ・ディオンもスイス代表に 欧州歌合戦「ユーロヴィジョン」の歴代アーティスト

スイス代表の優勝は3回目

スイス代表の優勝は36年ぶり3回目。初優勝は1956年の第1回大会(ルガーノ)で、1988年には当時20歳だったセリーヌ・ディオンがスイス代表として出場し2回目の優勝を果たした。

Nemoは「このトロフィーはスイスにとって、とても特別。この国のアーティストが国境を越えて名を馳せることは、決して簡単なことではない」と語った。

スイス代表の優勝には多くの政治家からも祝福の声が上がった。文化担当のエリザベット・ボーム・シュナイダー内務相はソーシャルメディア「X(旧ツイッター)」で、Nemoの多才さと個性の豊かさが評価されたと述べた。

外部リンクへ移動

ガザ巡りイスラエルに抗議も

今年のユーロビジョンでは、パレスチナ自治区ガザの軍事作戦を巡りイスラエルの参加に抗議の声が上がるなど、政治的にも注目を集めた。

イスラエル参加に対する大規模な抗議デモが行われた会場周辺には、厳戒警備が敷かれた。

開催地となったマルメには、スウェーデン最大のパレスチナ系コミュニティーがある。マルメ警察は大会の開催に合わせ、スカンジナビア全土、そしてデンマークとノルウェーからの増援部隊を動員した。マルモ警察によると、抗議デモにはスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんを含む5千人以上が参加した。

次回はスイスで開催

ユーロビジョンは前年の優勝国が会場となるため、来年はスイスで開催される。現在、チューリヒ、ベルン、ジュネーブ、バーゼルの4都市が開催地として候補に挙がっている。スイス・ユーロビジョン代表団のイヴ・シファール代表は4月、フランス語圏のスイス公共放送(RTS)で、大きなコンサートホールと優れたインフラがあるこれらの都市について言及した。

開催費用はSWI swissinfo.chの親会社であるスイス公共放送協会(SRG SSR)と開催都市が共同で負担する。大会参加国も財政的に貢献する必要がある。シファール氏は開催費用についての明言は避けたが、他国との協議は進行中だとした。

2025年の開催を希望するスイスの都市は、入札に参加できる。その後、SRGが欧州放送連合(EBU)音楽祭の主催者としての決定を下す。

SRGに立ち上げられたユーロビジョン特別作業班はは13日にも始動する。12日には経営陣による臨時会議が行われた。

SRG会長でEBU理事会のメンバーも務めるジル・マルシャン氏は「これは芸術面でも観光面でも、スイスの特色を世界にアピールする素晴らしい機会だ。このチャレンジにどう立ち向かうか、それは私たちにかかっている」と語った。

英語からの翻訳:大野瑠衣子

人気の記事

活発なディスカッション

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部