ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

昔の巨匠たち くすんだ窓から差し込む光

チューリヒ出身の写真家カタリーナ・リュッチャーさんは10代の頃に1年間、オランダのハールレムに留学し、そこで初めてフラマン人画家フランス・ハルスの作品に出会った。その影響からか、リュッチャーさんの作品はまるで古典絵画のような静寂感に包まれている。

写真家カタリーナ・リュッチャー他のサイトへさんの作品「Alte Meister(昔の巨匠たち)」からは、絵画の巨匠たちが、いかに今日に至るまで影響を与え続けているかということがわかる。静物画写真の作品制作から始めたリュッチャーさんだが、それはやがて友人で画家のユリア・シェパードさんと共に制作する肖像画シリーズへと発展した。「昔、モデルとなる人物は長いあいだ同じポーズのまま、じっとしていなければならなかったということを考えたとき、私のモデルたちにも、それと同じ感覚をイメージしてカメラの前に立ってもらうようにしたかった。そうすると数分間のうちに、完全な静寂が訪れた」

このシリーズの全ての作品において、「照明の質」は決定的に重要だ。「光に関しては、常に同様のやり方で行った。昔のオランダの薄暗い部屋と、ただ一つの採光として、あまり掃除されていない小さな窓をイメージする。暗い背景と、浮かび上がるわずかな光は驚くべき静寂を放つ。それはアトリエでの仕事にも影響する」

写真と絵画の対比は刺激的で、学ぶことも多い。写真が芸術になりうるのかというような根本的な問いには、もうとっくの昔に答えが出ているようだ。

(写真・Katharina Lütscher 文・Thomas Kern、swissinfo.ch)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。