Navigation

ノーベル平和賞、チュニジアの民主化推進団体に

2015年のノーベル平和賞は、チュニジアの民主化に貢献した「国民対話カルテット」が受賞 Reuters

ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2015年のノーベル平和賞を、チュニジアの民主化推進団体「国民対話カルテット」に授与すると発表した。独裁政権崩壊後のチュニジアで民主主義の発展に大きく貢献したことが授与の理由とされる。

このコンテンツは 2015/10/09 12:19
swissinfo.ch

ノーベル賞委員会によると、国民対話カルテットが結成されたのは13年夏。政治家らの暗殺などが相次ぎ、チュニジアが民主化を成し遂げられるかどうかが危ぶまれていたときだった。

同団体は、活動分野や価値観の異なる四つの市民団体から構成されている。ノーベル賞委員会は、独裁政権崩壊後のチュニジアで民主化が平和的に進められたのは、同団体が議会を支え、新憲法が国民に認められるよう尽力したおかげだとしている。

ノーベル平和賞の授与式は12月10日にオスロ市庁舎で行われる。国民対話カルテットには、賞金800万スウェーデンクローナ(約1億1600万円)が贈られる予定。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。