Navigation

スイス人グラフィティ画家、米GMを訴える

米デトロイトの芸術イベント「Zガレージ」に制作された壁画とキャデラックXT5 Twitter

SMASH137他のサイトへ」の名で活動するスイス人グラフィティ画家のアドリアン・ファルクナー氏が、米自動車のゼネラル・モータース(GM)を相手に訴訟を起こした。許可なく自身の作品を広告に使用し著作権を侵害されたとして、賠償を求めている。

このコンテンツは 2018/02/02 12:33
swissinfo.ch

米業界紙「オートモーティブ・ニュース」が報じた他のサイトへ。ファルクナー氏は先月22日、GM社がキャデラックの広告「アート・オブ・ドライブ(The Art oft he Drive)」の主要素に、同氏の壁画を利用したとして米カリフォルニア州裁判所に提訴。GM社は「都会的な洗練との結びつき」を求める消費者への訴求を狙ったと訴えた。

訴状は「この広告の中心に壁画が使われていることは明らか。しかもクルマを彩る唯一の創造的要素でもある」と主張。同紙はファルクナー氏が「人々に賞賛される現代芸術家。作品は世界の美術館やギャラリーで展示され、屋外の巨大な絵画でも有名だ」と報じた。

問題になっている壁画は2014年、米デトロイトのアート・イベント「Zガレージ」のために制作された。広告は16年、キャデラックのインスタグラムやフェイスブック、ツイッターアカウントで展開。訴状はGM社が意図的にファルクナー氏のサインが見えないように壁画の写真を撮り、広告に使ったとしている。

報道によると、キャデラックの広報は係争中の事案であることを理由にコメントしなかった。同紙はファルクナー氏にもコメントを求めたが、現時点で返答がないという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。