Navigation

2001年の麻薬中毒死、54人減り152人

2001年の国内の薬物中毒による死亡は、前年より54人減り152人だった。現在スイスでは、少なくとも約30、000人がヘロイン、コカインなどハードドラッグの依存症だという。

このコンテンツは 2002/01/21 09:21

スイス・ニュースエンジェンシーの調べによると、2001年の薬物による死亡者数は全国で152人で、前年に比べて大きく減少した。州別にみるとワースト3はチューリッヒ州47人、ザンクト=ガレン18人、ベルン16人で、ザンクト=ガレンは前年よりわずかに増えたが、ベルンでは昨年の36人から20人減少した。一方、アッペンツェル、オプバルデン、ニトバルデン、ヌーシャテル、グラールスの6つの州では、薬物依存症の報告は0だった。

スイスの薬物中毒による死亡者数は過去10年間で半減した。1992年には、チューリッヒ州だけで419人が薬物で死亡した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。