スイスの視点を10言語で

熱いよっ!

公式「ゼクセロイテン」のあとの非公式大グリルパーティ。

チューリヒ市の春のお祭り「ゼクセロイテン ( Sechseläuten ) 」では、雪だるまの「ベーク ( Böögg ) 」が燃やされる。その後、何百人もの見物人が火の回りに腰を下ろし、まだ熱い残り火を拾って夜更けまでソーセージを焼く。この「国民的ソーセージ焼き」は公式のお祭りの枠外だ。だが、このパーティは数年前からイベントの確固たる要素になっている。 ( 写真と文: クリストフ・バルジガー, swssinfo )

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部