スイスの視点を10言語で

カーニバルの季節がやって来た

スイスの2月、3月はカーニバルの季節。冬の終わりと春の訪れを告げる季節の到来だ。カーニバルといえば、バーゼル、ベリンツォーナ、ルツェルン、レッチェンタール等が有名。ユーモラスな、またちょっと凶暴なキャラクターが町を練り歩く。

ルツェルンのカーニバルは「Fat Thursday」と呼ばれる木曜日(今年は2月22日)午前5時、銃声とともに幕を開け、火曜日の仮装ブラスバンド約100グループの「モンスターコンサート」で終わる。

ソロトゥルンでは、同bュ「Fat Thursday」の早朝、19世紀末からの伝統通り寝巻きにナイトキャップ、赤いスカーフをした大人達が皆を起こして回ることから始まる。

ベリンツォーナのカーニバルも「Fat Thursday」に始まるが、ハイライトは日曜の仮装バンドのパレードだ。

仏語圏最大のカーニバルはパイエルヌで3月2日から。

またスイスで最も有名なバーゼルのカーニバル(ファスナハト)は、四旬節(イースターイブまでの日曜日を除く40日間)前に行われるスイスのカーニバルの最後を飾る。毎年Ash Wednesday後の月曜日に始まるので、今年は3月5日から。午前4時、ピッコロとドラムの鼓笛隊の行進で始まる。

人気の記事

世界の読者と意見交換

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部