スイス製暗号機と米CIAの関係 元国防相は「知らなかった」

クリプト社の執行委員だったゲオルグ・シュトゥッキ議員 (左)と連邦閣僚のカスパー・フィリガー氏 。1997年3月、ベルンの連邦議事堂で 閣僚

米独の情報機関がスイスの暗号機器メーカー、クリプト社を秘密裏に長年所有し、同社のデバイスを使って世界各国の機密情報を収集していたとされる問題で、スイスのカスパー・フィリガー元国防相はクリプト社と米中央情報局(CIA)の関係は「知らなかった」と否定した。

SRF/Tages-Anzeiger/RSI/sb

スイスのメディアは、CIAの文書によれば、クリプト社がCIAの傘下にあったことをフィリガー氏は知っていたと報じた。1989~95年に国防相を務めたフィリガー氏はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)に対し、CIAの記録は「正しくない」と声明で反論した。

SRFとドイツ語圏の日刊紙ターゲス・アンツァイガーはこのCIA文書の中に、フィリガー氏はクリプト社がCIAの影響下にあることを熟知していたという趣旨の内容がある、と指摘している。

両メディアによると、CIA文書には「フィリガーは会社(クリプト社)の所有者を知っていて、道義的にそれを開示しなければならないのではないかと感じていた…だがフィリガーがそれを口にすることはなかった」と記されていた。

フィリガー氏は1996年から2003年まで財務相を務めた人物でもある。フィリガー氏は自身の責任問題に関しては否定し「私に対するCIAの記述だが、これは正しくない。(もしそのような問題があれば)詳しい状況説明が、すぐに私のところに来るはずだからだ」とコメントした。

影響

一連の報道を受け、スイス連邦政府は11日、この問題に関し調査を開始したことを認めた。

米CIAと独連邦情報局(BND)は1971年、ツーク拠点のクリプト社を共同で買収。クリプトの所有者は、リヒテンシュタインで登録されたダミー会社になっていた。これらの情報機関によるスパイ疑惑は、米ワシントンポスト、独公共放送局ZDF、SRFが今週報じた。

情報機関は数十年にわたり、世界中の政府、大使館、軍事司令部の間の機密情報を秘密裏に収集。少なくとも2018年まで続き、世界100カ国以上が標的にされたという。

クリプト社の社内でこうした行為を把握していたのかどうかは不明だ。SRFは12日、CIA文書にツーク選出のゲオルグ・シュトゥッキ元議員の名前があったと報じた。シュトゥッキ氏は、1992年から2016年までクリプト社の執行役員だった。CIA文書には、シュトゥッキ氏には、クリプト社の最高経営責任者(CEO)からスパイ行為の情報が伝えられていたと書かれていた。

89歳のシュトゥッキ氏はこれに対し「全く覚えていない」と否定した。

スイスの政界からは様々な意見が飛ぶが、早期の事実解明を求める声がほとんどだ。政治家はスイス政府の調査開始を支持したが、政府の関与が明らかになった場合、議会調査委員会(PUK)の設置を求める声も挙がる。

議会の政府監督委員会のアルベルト・ヘール委員長は13日、委員会は独自にスイス政府の関与の有無を調べると述べた。6月末までに最終報告書を出す予定という。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する