Navigation

ヤングボーイズのセントバーナード像、8千フランで落札

bernartiner.ch/Sven Allenbach
このコンテンツは 2017/10/23 14:00

パブリックアート作品としてベルンに設置されていたセントバーナード像が18日、オークションにかけられ、地元サッカークラブ「ヤングボーイズ他のサイトへ」の選手らがデザインした作品が8千フラン(約92万円)で落札された。地元紙ベルナー・ツァイトゥングが報じた。

セントバーナード像102体は、ベルンの文化観光振興事業を手掛けるBern gestaltet他のサイトへが企画したアート・プロジェクトBernARTiner他のサイトへとして、今年7月から先月末までベルン市内のあらゆる場所に設置されていた。さまざまなアーティストや団体によって色とりどりに彩られているのが特徴で、オークションには全102のうち31作品が出品された。落札者の氏名は明らかにされていない。オークションの売上はバリー財団など慈善団体に寄付される。

ヤングボーイズはベルンに拠点を置くスイス1部リーグのサッカークラブ。所属選手たちがチームカラーの黄色と黒でセントバーナード像をデザインした。同クラブには2017年1月まで久保裕也選手が所属していた。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?