スイスの視点を10言語で

スイスのインク製造業SICPA 外国での贈賄罪で罰金命令

Sicpa
SICPAは1927年、ローザンヌで設立された。国内外で複数の汚職調査の対象となっている Keystone / Martial Trezzini

スイス連邦検察庁は27日、インク製造業のSICPA(シクパ、本社・ローザンヌ)に対し、複数国での贈賄の罪で8100万フラン(約120億円)の罰金支払いを命じた。同社の元営業部長には170日の執行猶予付き懲役刑を言い渡した。

検察庁の声明外部リンクによると、必要かつ合理的な組織的予防策を講じず「SICPA社員が外国の公務員に賄賂を贈ることを許した」として「刑事責任」を負った。

検察は同社に100万フランの罰金と8000万フランの損害賠償請求を言い渡した。理由としてコーポレート・ガバナンス(企業統治)原則やリスク管理、コンプライアンスの脆弱性など「組織的欠陥が特定された」ことを挙げた。

SICPAと元社員は命令に対し異議申し立てをしないと宣言しているという。一方で検察庁は、同社の主要株主でもあるCEOに対する起訴を取り下げた。ただCEOは裁判費用の一部を負担する義務がある。

横領・資金洗浄は立証できず

SICPAは紙幣や機密文書などに使われるセキュリティーインクの製造を得意とする。検察庁は2015年、外国からの司法共助要請を受け、SICPAに対する汚職捜査を始めた。

調査はブラジルやベネズエラ、コロンビアなどさまざまな国での贈賄に関するものだった。声明によると、懲役刑を受けた元営業部長は2009~11年にかけ、コロンビアとベネズエラで政府高官に賄賂を贈っていた。だが横領とマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いは立証できなかった。

2021年には、同社CEOも捜査の対象になった。

同社は国外でもいくつかの汚職調査の対象となっている。2021年夏にはブラジル当局に和解金1億 3500万フランを支払い、同国での事業を継続させた。

搾乳グリースから紙幣まで

SICPAは1927年、モーリス・アモンがローザンヌに設立。当初は搾乳する酪農家向けに手の塗り薬を製造していた。

やがて印刷用インクの開発に軸足を移し、最終的には紙幣用のインクや偽造品と戦うためのトレース(追跡)技術を開発することで、世界市場を席巻した。

SICPAは家族経営で非上場。外部投資家もいない。

≫SICPAに関する特集記事はこちら☟

おすすめの記事
金塊

おすすめの記事

SICPA 信頼の裏の謎多きビジネス

このコンテンツが公開されたのは、 世界的な存在感にもかかわらず、スイスのファミリー企業SICPAとそのインクの秘密を知る人は少ない。同社には各国で国際汚職疑惑が浮上し、スイス当局の捜査下にある。

もっと読む SICPA 信頼の裏の謎多きビジネス 外部リンク

英語からの翻訳:ムートゥ朋子

ニュース

スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決
チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)の本部

おすすめの記事

FIFA、脱スイスに向け定款改正

このコンテンツが公開されたのは、 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、本部をスイス・チューリヒ以外に移せるよう定款を改正した。

もっと読む FIFA、脱スイスに向け定款改正
眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部