ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

スイスの名作 ハイジが日本のスクリーンを駆ける

スイス人監督アラン・グスポーナーによる映画「ハイジ アルプスの物語」(原題:「Heidi」)が8月に日本で公開される。同作品の原作は、スイスの作家ヨハンナ・シュピーリによって書かれた児童文学「ハイジ」だ。「ハイジ」はこれまで映画やテレビなどで数え切れないほど映像化されてきた。2015年にスイスで公開されたこの最新作では、ハイジを500人の中からオーディションで選ばれたアヌーク・シュテファンが、そして祖父をスイスの俳優ブルーノ・ガンツが演じる。ガンツは「ベルリン・天使の詩」「ヒトラー~最後の12日間~」「愛を読むひと」などへの出演で知られている。

スイス人監督アラン・グスポーナーによる映画「ハイジ アルプスの物語」(原題:「Heidi」)が8月に日本で公開される。同作品の原作は、スイスの作家ヨハンナ・シュピーリによって書かれた児童文学「ハイジ」だ。「ハイジ」はこれまで映画やテレビなどで数え切れないほど映像化されてきた。2015年にスイスで公開されたこの最新作では、ハイジを500人の中からオーディションで選ばれたアヌーク・シュテファンが、そして祖父をスイスの俳優ブルーノ・ガンツが演じる。ガンツは「ベルリン・天使の詩」「ヒトラー~最後の12日間~」「愛を読むひと」などへの出演で知られている。

(Matthias Fleischer bvk)

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×