Navigation

ハイジが日本のスクリーンを駆ける

スイス人監督アラン・グスポーナーによる映画「ハイジ アルプスの物語」(原題:「Heidi」)が8月に日本で公開される。同作品の原作は、スイスの作家ヨハンナ・シュピーリによって書かれた児童文学「ハイジ」だ。「ハイジ」はこれまで映画やテレビなどで数え切れないほど映像化されてきた。2015年にスイスで公開されたこの最新作では、ハイジを500人の中からオーディションで選ばれたアヌーク・シュテファンが、そして祖父をスイスの俳優ブルーノ・ガンツが演じる。ガンツは「ベルリン・天使の詩」「ヒトラー~最後の12日間~」「愛を読むひと」などへの出演で知られている。 Matthias Fleischer bvk

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。