チューリヒの守護天使がお色直し

制作者のニキ・ド・サンファルは現代を代表する女性彫刻家として知られる Keystone

スイス最大の鉄道駅、チューリヒ中央駅の天井に浮かぶ巨大なシンボル「守護天使」がお色直しのため、しばらく夏休みに入ることになった。

このコンテンツは 2018/08/07 12:45
RTS/jc

「守護天使」はフランス人女性彫刻家ニキ・ド・サンファルの作品。1997年、駅の150周年記念で贈呈された。設置から20年が経ち、ほこりや水あか、油、鳥のふんなどが目立つようになったため、メンテナンスを決めたと修復プロジェクトリーダーのクリスティアン・マーティー氏は説明する。作品は一時的に撤去される。メンテナンス期間は約3週間の予定。

「守護天使」は、ニキのトレードマークであるポリエステル製の豊満な女性像「ナナ」シリーズの一つ。全長11メートル、重さ1.2トンの彫刻作品で、カラフルな衣装、背中の金の翼が特徴的。ニキは1997年の除幕式でこの守護天使が女性であると明かし、天使は通常男性だが、変化をつけるために女性にしたと述べた。

ニキは国際的に名高いスイス人芸術家ジャン・ティンゲリーの妻としても知られる。2002年、71歳で亡くなった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する