Navigation

スイスGDP、20年はマイナス3.3% 政府予想

スイスの2020年の成長率はこれまでの見通しを多少上回りそうだ Keystone / Alessandro Crinari

スイス連邦経済省経済管轄局(SECO)は15日、2020年の国内総生産(GDP)伸び率はマイナス3.3%になるとの見通しを発表した。マイナス幅は1975年以来の大きさだ。

このコンテンツは 2020/12/15 14:35
swissinfo.ch/ac

SECO他のサイトへは10~12月期のマイナス成長を見込むが、「スイス経済が実際に腰折れすることはない」と楽観視している。

「症例数の増加やコロナ対策により、2020~21年の冬シーズンは欧州を中心に世界的に経済成長が伸び悩む。だが全般的に、春ほどの厳しい封じ込め策はとられておらず、全体では経済的影響はそれほど深刻にならない可能性が高い」との見通しを示した。

2020年成長率見通しのマイナス幅は、10月時点(マイナス3.8%)に比べ引き上げた。年間平均失業率は3.2%と、約20年ぶりの低水準だった2019年(2.3%)から急上昇すると見込む。

一方、2021年の成長率見通しはプラス3.0%と、10月時点のプラス3.8%から引き下げた。コロナ禍や感染対策が年初の経済に打撃を与えるとみる。

来年の見通しはコロナの予防接種が広く出回り、経済活動が21年春から徐々に正常化することを前提にしている。SECOは「この前提で一時的に平均を上回るGDP伸び率が見込まれる。停滞していた消費支出や投資が復活し、世界経済の回復とともに主に財の輸出が大幅に増える」とみる。

2021年の失業率予測は3.3%。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する