Navigation

ダボス会議のシンガポール開催 スイス経済に打撃

The snow of Davos will be replaced by the tropical climate of Singapore for WEF next year. © Keystone / Christian Beutler

新型コロナウイルスの世界的流行を踏まえ、世界経済フォーラム(WEF)は2021年の年次総会(ダボス会議)をシンガポールで開催すると決めた。スイス国外で開催されるのは1971年の創立以来2回目で、ダボスにとっては大きな打撃となりそうだ。

このコンテンツは 2020/12/08 13:39
swissinfo.ch/mga

WEFは7日、来年予定されている第51回総会を5月13~16日、シンガポールで開催すると発表した。2022年は再びダボスで開催する予定という。

ただ当初の開催予定日の来年1月25~29日には、「ダボスアジェンダ」と題したオンラインイベントを開催する。

コロナ流行を受け、2021年ダボス会議は形式や日程、会場を巡り揺れてきた。WEFが8月に例年通りの1月開催が難しいとの認識を示し、9月にはルツェルン湖そばのビュルゲンシュトック(ニトヴァルデン準州)、ルガーノ(ティチーノ州)など国内の別の都市での開催も噂された。規模の縮小やオンライン化も検討された。

ダボス会議がスイス国外で開かれたのは2002年のニューヨーク会議以来だ。前年に米同時多発テロ事件で大きな被害を受けた同市への連帯を示すため、この地が選ばれた。

観光業界は落胆

ダボス会議は例年、ダボスやスイス全体に数千万フランのお金を落とす一大イベントだ。経済界の要人や富裕層が集まるこの時期に、ダボスのホテルやレストランの多くは年間売り上げの大半を稼いでいる。

スイス連邦議員らは3日、ギー・パルムラン経済相宛ての書簡で、ダボス会議がスイスで開催されなければ何百人もの失業者が出ると警告。ダボス会議が今日のように成長したのはスイスの協力があってこそであり、WEFがスイスに背を向けるのは理解できない、と訴えた。

代替候補地だったルツェルン・ニトヴァルデン準州はすでに数週間前から開催に向けた準備を始めており、WEFの知らせに落胆を隠さない。ルツェルン観光局のマルセル・ペレン局長は7日、ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)のインタビュー他のサイトへで「約5千人を呼び込めるはずだった」とし、特にコロナで客不足にあえぐホテル業界には痛手だと悔しがった。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する