スイス南部のサン・ベルナルディーノトンネル、1週間ぶり通行止め解除

ゴッタルドベーストンネルの入り口で発生した渋滞は1999年以降最大となった Keystone

スイス南東部のサン・ベルナルディーノトンネルで24日早朝、18日のバス火災以降続いていた通行止めが約1週間ぶりに解除された。

このコンテンツは 2018/05/25 10:06
SDA-ATS/ts

バス火災により、トンネル内の全長約100メートルのエリアが損傷。ほとんどが電子機器や安全装置の故障で、修理作業のため通行止め解除に時間がかかっていた。点検作業のため、26日の午前1時~3時は一時通行止めとなる。

18日午後、トンネル出口の500メートル手前でドイツの22人乗り長距離バスから火災が発生。乗客は全員避難して無事だったが、事故の影響でトンネルは閉鎖。代替ルートのゴッタルドベーストンネルの北側入り口が最大28キロメートル渋滞するなど周辺の幹線道路に大きな乱れが生じた。

>>3連休を襲ったゴッタルドベーストンネルの大渋滞

サン・ベルナルディーノトンネルはスイスからイタリアなど欧州南部に抜ける幹線道路上にあり、スイスを南北に縦断するゴッタルドベーストンネルの代替ルート。週末は観光客の車などで混み合う。事故が起きた18日は、3連休の前日だった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する