スイスの視点を10言語で

ファイザー・ビオンテック製コロナワクチン、子供への使用を承認 スイス規制当局

ワクチン
Keystone / Pablo Gianinazzi

スイス医薬品承認機関スイスメディック(Swissmedic)は、ファイザー/ビオンテック製の新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、5~11歳の子供への使用を承認した。だが連邦予防接種委員会は今のところ、同年齢層への予防接種キャンペーン拡大を推奨していない。

スイスメディックは10日付の声明外部リンクで「臨床試験の結果は、この年齢層でのワクチンの安全性と有効性を示した」と言及。1500人以上を対象とした現在進行中の研究では、5~11歳の年齢層で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を起因とした「重篤な疾病に対するほぼ完全な保護効果」が確認できたとした。また副反応の発生頻度は10代や成人に比べ低い傾向にあるとしている。

副反応は2回目の接種後に頻度がやや高くなるとし、注射時の痛み、倦怠感、時に頭痛、関節痛、発熱が起こりえるとした。

スイスメディックは3週間間隔で2回の接種を推奨。だが接種量は成人用の3分の1にとどめるものとする、と述べた。

ただスイスメディックはスイスの通信社Keystone-SDAに対し、国の予防接種戦略にこの年齢層を含めるには、連邦予防接種委員会の勧告が必要になると語った。

連邦保健庁のウェブサイト外部リンクには10日夜の時点で「現在のところ、12歳以下の子供にワクチンを接種する計画はない」と記されている。

モデルナは検討中

モデルナ製ワクチンSpikevaxの子供への使用については、スイスメディックが検討中。決定は出ていない。国内で成人に使用している3番目のワクチンとしてヤンセン社のウイルスベクターワクチンがあるが、子供への使用を検討する旨の申請は出ていない。

連邦政府は国民にワクチン接種を呼び掛け様々な啓発キャンペーンを展開しているが、他の西欧諸国に比べ接種率が伸び悩んでいる。10日時点で、少なくとも1回の接種を受けた人は約68%だった。これは成人(19歳以上)人口の約78%に相当する。

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究
ロジャー・フェデラー

おすすめの記事

フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの元テニス選手、ロジャー・フェデラーさんが計画するチューリッヒ湖畔のボートハウス(艇庫)建設に対し、「人々の湖畔の往来を阻害する」として反対する声が上がっている。

もっと読む フェデラーの艇庫建設に反対運動 「湖岸への出入りを阻害」
スーツ姿の男性と女性

おすすめの記事

スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ

このコンテンツが公開されたのは、 スイス公共放送協会(SRG SSR)は25日に開いた総会で、次期会長にドイツ語圏スイス公共放送(SRF)で文化部長を務めるジャーナリストのスザンネ・ヴィレ氏(50)を選出した。女性のトップ就任は初めて。

もっと読む スイス公共放送協会、次期会長に初の女性トップ
EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部