Navigation

スイス、公共放送受信料の一部を通信社に拠出

多くの地域放送局は、スイス通信の配信するニュースに頼っている Keystone

スイス連邦政府は、スイス通信(Keystone-SDA)への財政支援を通し、地方放送局の報道を支える。

このコンテンツは 2018/08/30 10:00
SDA-ATS/RTS/jc

政府は29日、ラジオ・テレビ法の改正案を承認。公共放送の受信料収入から最大200万フラン(約2億2千万円)を一定の条件下でスイス通信に拠出することができる。

連邦内閣は、これによって地方放送局が「引き続き、報道活動のために幅広い情報を得ることができ、またそれを合理的な価格で取得できる」と述べた。

スイス通信は今年初め、人員削減に反対するストライキを起こし、そのリストラ策が案じられていた。

政府はまた、スイス公共放送協会(SRG SSR)の放送免許を2019~22年に更新した。スイスインフォも公共放送協会の一部だ。

免許更新は、受信料廃止を問う今年3月4日の国民投票「ノー・ビラグ」の議論を通して浮上した新しい条件と密接に結びついている。

≫2018年3月4日の国民投票 受信料廃止案「ノー・ビラグ」を否決

公共放送協会は今後、受信料収入の2分の1が報道部門に当てられることを約束しなければならない。若者向けの放送も増やす必要がある。

エンターテイメント番組に関しても新ルールが定められた。公共放送協会が創造性と技術革新の面でリスクを取り、独自のコンテンツを放送することによって、民間放送事業者と違いをより明確に出さなければならない。

ラジオ・テレビ法の改正で、公共放送協会は聴覚障害者の支援措置を強化し、字幕つきの番組数を少なくとも全体の3分の2に引き上げることも求められている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。