Navigation

「チューリヒ空港から世界最古の原発まで22キロ」

「世界最古の原発まで22キロ」の文字が書かれたこの絵は、19日から2週間、チューリヒ空港に着陸する飛行機から見ることができる Montage: Greenpeace

飛行機がチューリヒ空港に着陸する際、乗客は窓の外の畑に大きな矢印が描かれているのを目にするかもしれない。矢印には英語で「世界最古の原発まで22キロ」という文字。その下には「スイスにようこそ」と書かれている。仕掛け人は環境団体グリーンピース。このキャンペーンを通し、スイスが抱える原発の危険性を訴えようとしている。

このコンテンツは 2016/04/20 10:09
swissinfo.ch

チューリヒ空港の北ルートに描かれたこの絵は、19日から2週間公開される。大きさはサッカー場約半分の4500平方メートル。グリーンピース・スイス支部は今回のキャンペーンを通し、世界最古の「ベツナウ原発」が人口の密集する地域に存在することをアピールしたいとしている。

このキャンペーンを率いたグリーンピースのクリスティアン・エンゲリさんは「スイスは山、チョコレート、アーミーナイフで有名だが、世界最古のベツナウ原発を抱えていることを知っている人は少ない。同原発には不具合があり、稼動させてはならない」と、同団体のプレスリリースで述べている。ベツナウ原発は現在、点検作業のため稼動停止している。

今回のキャンペーンの一貫として、グリーンピース・スイス支部は特設ホームページ他のサイトへを立ち上げ、スイスの郵便番号を入力すればその住所からベツナウ原発までの距離が算出できる機能を誰でも利用できるようにしている。

キャンペーンの効果に疑問符

スイスが抱える原発の危険性をアピールした今回のキャンペーンだが、ツーリズムに詳しいルツェルン単科大学のウルス・ヴァーゲンザイル氏は無料日刊紙「20min.」の取材で「この畑に描かれた矢印で旅行客が突然、スイスを原発大国だと思い込むことはないだろう」とコメント。

スイスはここ数年、技術やアルプス山脈を外国にアピールしてきたため、多くの外国人の頭の中にはいまだそのような肯定的なイメージが根強いからだと、同氏は説明している。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?