ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

国民は歓喜 ジンバブエ ムガベ大統領辞任、首都ハラレのスイス大使館閉鎖

ジンバブエ


(Keystone)

アフリカ南部ジンバブエのロバート・ムガベ大統領(93)が21日、議会にあてた手紙で辞任を表明し、1980年から37年にわたって続いた独裁政治に幕が下りることになった。スイス通信(SDA/ATS)が報じた。不安定な状況が続く中、スイス連邦外務省は在留スイス人に安全の確保を喚起している。

 スイス通信によると、エマーソン・ムナンガグワ前副大統領(75)が暫定政府の新大統領に就任する見通し。ムガベ氏は今月初め、ムナンガグワ氏を突然解任。軍や与党はムガベ氏が41歳年下の妻グレース氏(52)を後継者に推そうとしているとみて反発。15日夜にクーデターと見られる動きを起こし、ムガベ氏を自宅軟禁下に置いた。その後もムガベ氏は辞任を受け入れようとせず、議会が21日、大統領の弾劾手続きに踏み切った。この審議の中で、ムガベ氏の手紙が読み上げられた。

 政争を理由に国外退避していたムナンガグワ氏は、大統領の辞任を受け21日夜、すぐに帰国すると発表した。同氏は「クロコダイル」の愛称で知られ、国内の政治エリート集団の中心的人物。強硬路線論者で、ムガベ政権下では諜報機関や司法省の要職を務めた。同氏は与党ジンバブエ・アフリカ民族同盟愛国戦線(ZANU-PF)と軍の支持を受けている。

 ムガベ氏が後継者に推そうとしていた妻のグレース氏は、浪費癖があるなどとして国民からは「グッチ・グレース」と呼ばれるほど不人気だった。

 ムガベ氏は1980年、ジンバブエが英国から独立した際の首相に就任。87年からは同大統領として政権を掌握した。当初は英国からの独立運動に身をささげた「英雄」とたたえられていたが、後になって独裁政権色が強まり、批判を浴びていた。

スイス大使館閉鎖

 スイス連邦外務省は首都ハラレが軍に制圧されたことを受け16日、大使館を閉鎖。現地に在留するスイス人に安全を確保するよう注意喚起したほか、ジンバブエへ不必要な渡航を控えるよう勧告した。

 スイス大使館によると、ジンバブエに在留するスイス人は約260人。ジンバブエ観光局によると、2016年にジンバブエを訪れたスイス人観光客は前年比16%増の7717人だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×