スイスの視点を10言語で

アニメ「アルプスの少女ハイジ」制作担当者、スイスで45年前の思い出語る

トークセッション
「アルプスの少女ハイジ」制作のため、45年前にスイスに訪れたときのことを振り返る小田部羊一さん(左から2番目)、中島順三さん(右から2番目)。故高畑勲さんの妻かよ子さん(中央)も壇上に上がった swissinfo.ch

「日本のハイジ」展が開かれているチューリヒの国立博物館で30日、日本のアニメ「アルプスの少女ハイジ」をテーマにしたトークセッションが開かれた。キャラクターをデザインした作画監督の小田部羊一さん、担当プロデューサーの中島順三さんが登壇。アニメ制作のため約45年前にスイスでロケハンした思い出を振り返った。

ハイジはスイスのヨハンナ・シュピリが原作の物語。故高畑勲さん、宮崎駿さん、小田部さん、中島さんら制作チームが当時は異例ともいえる海外でのロケハンを行い、完成したアニメは1974年に1年間にわたって日本で放送された。アニメはその後翻訳版が世界各国で放送され、人気を博した。

東アジア美術史の研究者で日本文化に造詣の深いチューリヒ大学外部リンクハンス・ビャーネ・トムセン外部リンク教授らが「日本のハイジをスイスの人たちにもっと知ってもらいたい」と今回のハイジ展を企画。その一環でトークセッションが開かれた。

おすすめの記事
トムセン教授

おすすめの記事

日本との文化交流に貢献、チューリヒ大学のトムセン教授に栄誉 ハイジ展を企画

このコンテンツが公開されたのは、 スイスで芸術分野から日本とスイスの文化交流に多大な貢献をしたとして、チューリヒ大学のハンス・ビャーネ・トムセン教授(60)に13日、旭日小綬章が贈られた。

もっと読む 日本との文化交流に貢献、チューリヒ大学のトムセン教授に栄誉 ハイジ展を企画

キャラクターデザインを手がけた小田部さんは、約45年前にスイスをロケハンで訪れたとき、土産物屋で見つけた木彫りの人形を店員に隠れてスケッチし、ハイジのおじいさんのモデルにしたエピソードなどを紹介。「初めて見る世界にうれしさと緊張でいっぱいだった。(キャラクターデザインのヒントになるようなものが)とにかく何でも欲しくて、一生懸命だった」と振り返った。

担当プロデューサーの中島さんは「放送は毎週だったので、現場はとにかく大変だった。高畑監督は絵コンテをチェックしたり、録音に立ち会ったりとほとんど寝る間もない生活を送っていた。これだけの作品が作れたのは高畑さんだからこそ。高畑さんがここにいたら、と残念に思う」と話し、昨年死去した故人をしのんだ。

おすすめの記事
高畑勲監督の「アルプスの少女ハイジ」

おすすめの記事

ハイジの「育ての親」高畑勲監督が死去

このコンテンツが公開されたのは、 日本のアニメ映画監督、高畑勲氏が5日、82歳で死去した。高畑監督が1970年代に生んだテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」はスイスでもよく知られ、スイスの観光・文化に大きな影響を与えた。

もっと読む ハイジの「育ての親」高畑勲監督が死去

「日本のハイジ」展外部リンクは、当時のロケハンチームが撮影した写真やスケッチ画、アニメのセル画など、「アルプスの少女ハイジ」ができるまでの過程を貴重な資料とともに紹介。シュピリがハイジを執筆した机も展示されている。10月13日まで。

スイスインフォでは、トークセッションの様子をフェイスブックでライブ放送した。

外部リンクへ移動
おすすめの記事

ニュース

EPFL

おすすめの記事

スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決

このコンテンツが公開されたのは、 スイス下院委員会は連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)と同ローザンヌ校(EPFL)の留学生の学費をスイス人学生の3倍に引き上げる案を可決した。27日に始まる夏期本会議で審議する。

もっと読む スイス、国立大留学生の学費を3倍に引き上げへ 下院委員会が可決
チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)の本部

おすすめの記事

FIFA、脱スイスに向け定款改正

このコンテンツが公開されたのは、 国際サッカー連盟(FIFA)は17日、本部をスイス・チューリヒ以外に移せるよう定款を改正した。

もっと読む FIFA、脱スイスに向け定款改正
眼下に広がる町と湖

おすすめの記事

ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心

このコンテンツが公開されたのは、 6月15~16日に開催されるウクライナ平和サミットの舞台として、ルツェルン湖を望むホテル「ビュルゲンシュトック・リゾート」が注目を浴びている。かつては庶民も受け入れられる高級リゾートして地元に愛されていたが、近年は事情が違うようだ。

もっと読む ウクライナ平和サミットの舞台スイス・ビュルゲンシュトック 地元住民は離心
英語でスイスと書かれたステージでパフォーマンスをするノンバイナリー男性

おすすめの記事

ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も

このコンテンツが公開されたのは、 欧州国別対抗の音楽祭「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の決勝が11日、スウェーデン南部マルメで行われ、「ノンバイナリー」を自認するスイス代表のNemo(24)が優勝した。会場周辺ではイスラエル参加に対する大規模な抗議活動も行われた。

もっと読む ユーロビジョン、「ノンバイナリー」自認のスイス代表優勝 イスラエル参加に抗議も
ビクトリノックスのアーミーナイフ製造現場

おすすめの記事

ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発

このコンテンツが公開されたのは、 スイスアーミーナイフの製造で知られるビクトリノックス社は、世界で広まるナイフ規制強化の波に対応するため、刃のないモデルの開発に取り組んでいる。カール・エルズナー最高経営責任者(CEO)がスイス紙のインタビューで明かした。

もっと読む ビクトリノックス、刃のないアーミーナイフを開発
管制室

おすすめの記事

スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦運輸省民間航空局(BAZL/OFAC)が3日発表した2023年の航空安全報告書によると、民間・小型航空機の事故件数は9995件と、前年から24%増加した。

もっと読む スイス飛行機事故、24%増 紛争地上空ではGPS妨害も
裁判所のドア

おすすめの記事

「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦裁判所(最高裁)は先月26日、チューリヒ地方裁判所の判事の1人に対し、気候活動家に関する裁判への関与を禁じる判決を下した。この判事が過去の裁判で活動家への団結心を見せたとして、考え方に偏りがあると結論付けた。

もっと読む 「気候活動家への団結心」見せた判事、類似事件への関与禁止 スイス最高裁
財布からお金を取り出す人

おすすめの記事

スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は25日、2023年の名目賃金は1.7%上昇したと発表した。インフレ(年平均2.1%)に相殺され、実質賃金は0.4%低下した。

もっと読む スイス、2023年の実質賃金は0.4%低下

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部