Navigation

国が初認可のHIV自宅検査キット、スイスで発売

自宅で出来るHIVの検査キットはスイス国内の薬局、インターネットで購入できる Keystone

スイス連邦政府が初めて認可した自宅用HIV検査キットが19日、スイス国内で発売された。

このコンテンツは 2018/06/19 12:05
SDA-ATS/swissinfo.ch/ln

キットは国の医療品認可機関「Swissmedic」が承認。HIV検査はこれまで病院など医療従事者しか行えず、連邦内務省保健局などは国民の意識啓発とHIV予防のため、自分で出来る検査キットの普及を呼びかけていた。

スイスでは、HIV感染者のうち、5人に1人が感染に気づいていないとされている。

自宅用検査キットはスクリーニング検査と呼ばれるもので、国内の薬局のほかインターネットで購入できる。キットに付いている小さな針を指に刺し、採取した少量の血液からHIVに対する抗体があるかどうかを調べる。

キットには説明書が付いており、陽性反応が出た場合は出来るだけ早く医師の診察を受けるよう呼びかけている。

検査にかかる時間は30分未満。キットの普及を支持する人たちは、HIV感染に気づかない患者の数を削減できると主張するが、その一方で、わずかなエラーで間違った結果が出る可能性もあるため、検査は従来通り医療の専門家が行うべきだという声もある。

日本では医療機関、保健所でのHIV検査が基本。自宅用HIV検査キットはインターネットなどで購入できるが、厚労省は認可していない。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。