ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

新型コロナウイルス対策 マスク着用義務付けすべき?スイス連邦鉄道が調査中

電車でマスクを着けている人

スイスでは、公共交通機関でのマスク着用は義務付けられていない

(Keystone / Pablo Gianinazzi)

新型コロナウイルスに伴うロックダウン(都市封鎖)後、2カ月ぶりに通常ダイヤに戻ったスイス連邦鉄道(SBB)は20日、新たな感染予防対策を検討するため利用者への聞き取り調査を始めた。大衆紙ブリックが報じた。マスクの着用義務を導入するかが主な柱だという。

調査は利用者約200人を対象に実施。マスク着用を義務付けた場合、電車を使う頻度が変わるかどうかを尋ねた。一律に着用を義務付けるべきかどうかも聞いた。

大衆紙ブリックのネットニュースが報じた。連邦鉄道の広報担当者はスイスの通信社Keystone-SDAに対し、結果はまだ出ていないとコメントした。

広報担当者は調査の目的を「利用者が何に不安を感じているのかを明確にするため」と語った。

外部リンクへ移動

ニュースレター

週に1回お届けするswissinfo.chの日本語ニュースレターをご希望の方はこちらからご登録ください。

公共交通機関・観光鉄道の労働組合他のサイトへ(SEV)は、この一報に驚いているとコメントした。

バーバラ・スパリンガー副代表はドイツ語圏のスイス公共放送ラジオ(SRF)に「連邦鉄道は顧客だけでなく、(検札員などの)従業員のことも考慮している」と語った。一部の鉄道員からは、自分たちはマスク着用が義務づけられているのに乗客は対象外で、健康が阻害されるリスクがあるという声が挙がっていた。

5月11日の通常ダイヤ再開後、車内でマスクをしている乗客は少ない。連邦鉄道のヴァンサン・デュクロ最高経営責任者(CEO)は、安全対策の遵守を確実にするためにはさらなる対応が必要だと語った。

同鉄道とスイス郵便が運行するポストバスは通常ダイヤ再開に際し、マスクの着用は一律に義務付けず、互いに2メートルの距離を保てない混雑時に「強く推奨する」とした。だが国内のメディアグループが実施した世論調査では、回答者の大多数が公共交通機関でのマスク着用義務付けを支持していることが明らかになった。

新型コロナウイルス 電車・バスのマスク義務付け、大半が賛成

スイスのメディアグループが約2万6千人を対象に実施した世論調査で、7割近くの人が公共交通機関でのマスク着用義務付けに賛成したことが分かった。ただマスクを着けていると答えた人も少なかった。

このコンテンツは2020/05/18 13:12に配信されました


Keystone-SDA/gw

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。